上尾歩のキネマ論評 第一回 『LIGHT UP  NIPPON』

 打ち上げ花火はもともと「鎮魂」の意味を込めて打ち上げられたといわれる。雲の上と下のどちらからも見ることのできる打ち上げ花火は、亡くなった人と今生きている人とを結びつける役目を担ってくれているのだ。

 「ライトアップニッポン」

f:id:link-hensyubu:20160310142910j:plain

 

 私がこの企画のドキュメンタリー映画を知ったのは、某DVDレンタル店に行った時であった。ひときわ目を引くパッケージ。花火が照らし出す女の子の顔は元気いっぱいの笑顔で溢れている。その時は、これが東日本大震災の映画だとは思わなかった。

 震災が起きた数日後、東北の被災地各地で一斉に花火を打ち上げる企画が立ち上がった。この花火は、先に述べた「鎮魂」の意味だけでなく、むしろ今生きている人が希望や夢を見出せるような前向きな意味が込められた。そして、与えるだけではなく、被災地の方々と一緒にライトアップニッポンを作り上げること、それが最も重要なことであった。つまり、協力し花火を打ち上げることによって、この企画は成り立つのである。

 しかし、実現にあたっては様々な問題が出てくる。花火を打ち上げる場所、安全地帯の確保、花火玉の大きさ、安全管理の問題が山積みだった。危険性があってはいけない。当然のことではあるが、今の日本には重たい言葉である。しかし、企画者はだからこそ、やるからには一番大きな花火玉を咲かせたいと思った。

 ライトアップニッポンのメンバーの方々の尽力によって、企画は2011年8月11日に実現した。震災からわずか5か月で、東北の夜空に大きな日が一斉に打ち上がったのだ。多くの人が花火を見ていた。人々はどんなことを思い、どんな感情を抱いたのだろうか。震災によって大人も子供もたくさんの悲しみを受けたことであろう。小さな体ではそれを背負いきれない子供もいたかもしれない。花火を見ていた人の中には、うれしそうに眺める人、何も言わずに見つめている人、そして涙を流す人がいた。上を向いていても涙がこぼれてしまう。あなたは花火を見て涙を流したことはあるだろうか。

 

f:id:link-hensyubu:20160310143731j:plain

 

 企画が前進するにつれて、メディアにも取り上げられるようになった。賛同者も増えていく。そして、以前は反対していた被災地の方々も、企画者らの粘り強い説得によって、徐々に心を動かされる。最も難関な問題であった資金に関しても、ウェブからの募金や企業の協賛によって工面された。

 これまでに二度花火が打ち上げられた。そして、今年も打ち上げられる。震災から二年、今年で三度目の打ち上げだ。しかし、年を追うごとに募金という形での協力が減っていくのは避けられない。企画者らはライトアップニッポンを日本の習慣にしようとしている。震災の起きたその年だけでは意味がないのだ。人間は忘れる生き物である。そのとき味わった痛みも、苦しみも、悲しみもその多くは時間が忘れさせてしまう。震災から得た教訓を無駄にしてはいけない。あの時の記憶を心の中につなぎ留めておくために、今年も8月11日に東北各地の夜空は一斉にライトアップされる。

「LIGHT UP NIPPON」に携わる人々の熱に巻き込まれる

 第一回目となる映画コラムのあとがきになるが、DVDを見ていただけるとこの上なくうれしいことである。映像は時に文章以上に鮮明な情報を与えてくれる。今回取り上げたドキュメンタリー映画は、事実を述べたものである。一般的な映画であれば、個性的でかっこいいキャラクター、壮大なBGM、幻想的なCGが駆使された上で我々はやっと見ることができる。しかし、そんな凝りに凝った見せ場がなくてもこの映画を見ていられたのは、きっと登場する人物一人ひとりに魅力を感じたからであろう。そして何より、この企画に携わる人たちのアツい想いが画面を通して伝わってきたからだ。このような人が持つ「人を巻き込む力」に、筆者もいつしか巻き込まれてしまったようだ。見た後にすがすがしくなれるこの映画、『LIGHT UP NIPPON』をぜひ読者の方々におすすめしたい。

『LIGHT UP NIPPON』(2012年)

監督 柿本ケンサク

プロデューサー 湯川篤毅

製作 LIGHT UP NIPPON