世界の料理を作ろう! ~ミャンマー料理編~(浜田寛子)

・ペイティーチョ

 南シャン州の、特にダヌー族の人たちがよく作る一品です。

 

 

材料(二人分)

インゲン・・・15本

卵・・・一つ

味の素または粉末の魚のだし・・・小さじ1/2

サラダ油・・・大さじ2

塩・・・少々

 

作り方

1.フライパンに油を入れて熱します。

2.油に熱が通ったら、適当なサイズに切ったインゲンを炒めます。

3.インゲンが柔らかくなってきたら塩を適量加えます。

4.味の素または魚のだしを加えます。

5.最後に卵を落としてサッと炒めて出来上がりです。

 

*作った感想

とっても簡単です!塩気とインゲンの甘さがミックスして美味しいです。

インゲンの歯ごたえも良く、ちょっとしたおつまみにもぴったり(*^_^*)

卵を加えた後菜箸を二つ使って炒めると、より素早く卵が混ざります♪

 

 

・チェッターヒン

 ミャンマー全国で食堂へ行けば必ずあるという一品です。

 

f:id:link-hensyubu:20160315181333j:plain

材料(二人分)

鶏肉・・・200g

にんにく・・・ひとかけら

玉ねぎ・・・1/2個

しょうが・・・ひとかけら

塩・・・少々

味の素・・・小さじ1/2

サラダ油・・・大さじ2

チリパウダー・・・小さじ1/2

水・・・50~60ml

 

作り方

1.鶏肉を一口大の大きさに切って、鍋に入れます。

2.玉ねぎは薄切りに、しょうが、にんにくは小さくスライスして鍋に入れます。

 チリパウダーと味の素を加えます。

3.サラダ油大さじ2を入れてよく混ぜます。

4.水を30mlほど入れて火にかけます。水が沸騰しだしたら、更に20mlほど水を追加します。様子を見て、必要なら更に水を追加します。

5.お肉が柔らかくなったら出来上がりです。

 

*作った感想

こちらもとっても簡単で、白いご飯によく合います。チリパウダーはお好みの分量で調節してみて下さい。チリパウダーの香りが、ミャンマーっぽい雰囲気を醸し出します☆