LINK女性記者が体験、「相席屋」潜入ルポ!!(水戸さくら)

相席の魅力「あわよくば」だけじゃない?

 初対面の男女が「相席」して食事を楽しむ居酒屋「相席屋」を、LINKの女性記者が訪れてみた。座席には柵状の扉がついていて、外側から中の様子が見える半個室。男女が向かい合うように誘導してもらえる。初対面の男性が腰に腕を回してきてウエッ、なんてことは起きないようだ。

 女性は一部のフードメニューを除いて食べ飲み放題無料、男性は30分1500円。店内は出会いを求める男性客でいっぱいだろうという予想を裏切って、開店直後の店内には若い女性客が数組、男性客は一組だけだ。

f:id:link-hensyubu:20160310205254j:plain

飲み物、トランプ、工夫さまざま

 ドリンク類はすべてセルフサービスで、日本酒やビールだけでなくリキュール類も豊富。これが「何か美味しいの作ってくださいよー」なんて話の種になるうまいシステムだ。座席の小箱の中に用意されたトランプにも話題づくりのための配慮を感じる。携帯電話の充電ケーブルもあるので、電池切れで連絡先が交換できません、なんてことも起きない。

「相席そのもの」楽しめるか

 この日は17時から22時まで滞在して、3組の男性客と相席することができた。「不倫はしない!」と断言する既婚男性から、自己紹介もせずに「もっといい店行こう」と誘ってくる独身男性まで、客層はさまざま。万が一気まずくなっても「相席」に30分の時間制限があるのは安心だ。地方から出てきて友達が欲しくなったという二人は、「今日はいい日だ」を連発。連絡先の交換を断っても「楽しかったよ」と笑顔で、こちらとしても「またどこかで会えたらいいな」くらいの気持ちにはなった。

 後日、相席屋に行ったことがあるという女性らに話を聞いた。来店のきっかけは「安く飲食できる店があると誘われて」、「初対面の人と食事をするのが面白そうで」など。共通の話題で盛り上がったり年上の相手に人生相談をしたり、「相席そのもの」を楽しんだ様子。あわよくば、という期待だけが相席屋の魅力ではないようだ。