上尾歩のキネマ論評 最終回 『天然コケッコー』

天然コケッコー 2007年公開 監督・山下敦弘

原作:くらもちふさこ 
出演:夏帆岡田将生ほか

 小学生3人、中学生3人が通うド田舎の学校に、東京から転校生がやってきた。小学校と中学校が同じ校舎にあり、生徒の顔ぶれが変わらないため、新顔がやって来る知らせに子どもたちはお祭り騒ぎだ。中でも、中学2年の右田そよ(夏帆)は初めての同級生・大沢広海(岡田将生)の入学を心待ちにしていた。

 本作は全編を通して、そよが広海との恋や学校生活を経て成長する姿を描く。広海の学生服のボタンを自前の裁縫セットで直してあげたり、小学1年の女の子のトイレをずっとそばについて待ってあげたりと、一つひとつの言動に田舎の雰囲気が感じられる。そよの住む町では、小さなことが事件になり、人びとはささいなことに気を遣う。中でも、バレンタインのエピソードが印象的だ。そよは広海にチョコレートをプレゼントすることになるが、弟の浩太朗より高いものを買うことに気が引けてしまう。しかし、2人に同じものを渡すと「愛がない」と広海に言われる始末。そよのふてくされる姿を見た浩太朗は、母親からもらった手作りチョコレートを内緒で広海に渡す。弟の小さな気遣いが優しく、親切を理解して受け止める広海がかっこいい。

 平日はみんなで学校に通い、休日は一緒に外で遊ぶ。そよ達の間に流れる、ゆったりとした時間につい見いってしまう。就職活動やアルバイトに追われる中、そよ達の生活を羨ましく思い、鑑賞後の余韻が少しの間続いた。

<上尾歩のキネマ論評・最終回の言葉>

 3年間連載したキネマ論評が、今号で最終回になります。社会面のテーマに沿った作品や、梅雨などの季節に関連したものを主に取り上げました。各作品の鑑賞時に、監督が意図したメッセージを読み取る手助けになっていれば幸いです。ご愛読ありがとうございました。